胃カメラの上手な飲み方

胃カメラを飲んだ際に吐き気を感じる人が多くいます。理由とは神経反射が関係している咽頭反射というものが起きているからです。この咽頭反射をできるかぎり避けるために上手な飲み方やポイントを理解しておくと良いです。まず、検査の際は基本的に楽な服装で受けるようにしてください。ウエストのしまった服装だと胃に空気を入れて膨らませた時にお腹が苦しくなってしまいます。また、実際に飲む時に咽頭反射が起きやすいのは食道の入り口で、この食道はものを飲み込もうとする時に開きます。そのため、食道が開いている状態であればスムーズに入っていきますが逆に閉じていると喉を通らずに咽頭反射が起きてしまい苦しくなります。この部分を考慮して、飲み込む際は緊張していると食道が閉じやすいので体を楽に力を抜いて検査を受けるようにすると苦しくなりにくいです。

胃カメラは少し辛抱しよう

日々の生活の中で強いストレスを感じることがあるでしょう。ストレスがたまるとイライラするようになり、精神的に安定しなくなります。実は体が受けるストレスは内蔵にも少なからず影響を与えています。いらだった時に胃が痛くなる経験をしたことがある人は多いでしょう。現在はストレス社会と言われる通り、過剰なストレスにさらされる機会が何かと多いため、ストレス起因とする不調には注意しましょう。前述の通り胃はストレスの影響を受けやすい臓器の代表です。もたれたり、むかついたりと症状も比較的分かりやすいため、少しでもおかしいと感じたら早めに検査を受けましょう。場合によってはより精密に調べるためにカメラを飲むこともあります。人間ドックでもおなじみの物ですが、自分のために辛抱して飲みましょう。カメラを飲まなければ症状が分かりません。

体に負担の少ない胃カメラ

疲れるとすぐに胃にでてしまう人も多いですが、長引いたりすることもありますし、薬で治らない時は胃カメラをして検査をする場合もあるでしょう。初めての場合はとても不安に感じるかもしれませんが、今は技術もいろいろと進歩していますのでそれほど心配する必要もないでしょう。少し前なら口からカメラを飲むのが普通でしたが、いまは鼻からいれられるコンパクトなものとなっています。口からだとどうしても抵抗がある人もおおいですが、鼻からの場合はほとんど何も感じませんので体への負担も少ないでしょう。ですから割と気軽に受けられそうです。また鼻から入れる時もきちんと麻酔をしてくれますので安心です。鼻からジェルの様な麻酔液を入れて行いますが、少し苦味のあるものとなっています。ただ苦いといっても耐えられないほどではありませんので問題ないでしょう。