胃カメラで健康診断を行う

胃がんの早期発見などで胃カメラは非常に有効な方法です。のどから直接カメラを入れますので、状態をはっきりと確認する事が出来ます。早期発見の方法として取りいれられています。定期的な健康診断は健康を保つ上で重要な役割を果たします。会社勤務している人であれば一年に一回健康診断を行う機会がありますが、専業主婦などは自分から意識して健康診断を受けるようにしていないと、何年も放置してしまう事になります。最近はちょっとした麻酔を駆使する事で、楽な方法で検査ができるようになっています。また鼻から入れるタイプのカメラもあります。病院によってどのような方法で検査をするか事前に確認する事も出来ます。定期健診目的であれば、なるべく楽な方法で検査できる医療機関を探すと検査を受ける事の抵抗感を最小限に抑える事が出来ます。

胃カメラの検査はもう苦しくない

胃カメラの検査は、苦しいとか気持ち悪くなるなど評判が良くありませんでした。苦しいという評判が広まって検査をしたがらない患者が多いと、病気の発見が遅れるデメリットがあるため、技術の進歩が盛んな分野となりました。検査の時はのどに貯める麻酔で違和感を緩和するのが従来の方法でしたが、注射で軽い麻酔をすることで痛みの緩和が出来るようになりました。また、カメラ自体も鼻から入れる細いファイバースコープのタイプが出るなど、技術の進歩とともに胃カメラの検査は以前より評判が良くなっています。病気は検査で早期発見できると、治療期間が短く患者の負担を軽くできます。早期発見早期治療なら治療費を抑えられるメリットもあるので、検査技術の進歩と普及が欠かせません。飲み込むカプセルタイプもあるので、今後はさらに気軽に受けられる検査になります。

胃バリウム検査の再検査でカメラを飲みました

会社の検診で、バリウム検査を受診しました。初めて異常が見つかり要再検となりました。以前一度だけカメラを飲む予約をしましたが、喉が狭いせいか上手く呑み込めず苦しく、結局断念した経験がありました。最近の胃検査は、口からではなく鼻から挿入するので、苦しくないと聞いていますが本当でしょうか。本当にえずくことはないでしょうが、心配性なので迷ってしまいました。そんな時軽い麻酔をかけて行う病院が近くに見つかりました。予約をして病院に向かいました。軽い麻酔と聞いていましたが、全く痛くも痒くもなく終了していました。2時間ほど寝てから、結果を聞きました。幸い異常はありませんでしたが、検査中に胃の状態をライブで見ることは出来ません。その点が唯一の不満です。それ以外はすこぶる良好でした。今後もし再検査が必要な時は、この病院を使うことに決めています。